排卵検査薬はネット通販で購入できる

 

女性の生理周期のターニングポイントが排卵日というものですが、その排卵日を特定する排卵検査薬というものがあります。妊娠を希望している女性の多くがこの検査薬をしようとして排卵日を特定し、妊娠までの最短距離を進もうとしています。排卵検査薬は薬局でも購入することが可能ですが、日本製にこだわらないという人であればネット通販で購入すると費用がかなりおさえられます。通販サイトのほとんどが海外製の安価な検査薬を個人輸入という形で販売ではしています。店頭で購入するよりもかなり価格が安くおさえられるので、大量に購入することも可能ですし、店頭まで足を運ぶ必要もありませんので、時間や人目なども気にする必要はなくなります。手軽に簡単に注文することができるということがメリットです。また、通販サイトによってはその時々でセールをやっていることもあり、おまけという形で何個かプラスされているような特典企画もあります。そういった点から見ても、インターネットで購入してみても良いです。排卵日を特定するにはひと月に何本も使用しなくてはいけない場合があるので、日本製を購入するとかなり費用がかさんでしまう場合もありますので、そうした部分も考慮して決めるようにしてください。

 

 

排卵検査薬の正しい使い方

 

排卵検査薬は、LHサージという排卵を命令するホルモンのピークを検出することによって、排卵を予測するものです。
卵子の寿命は精子に比べて短いため、排卵より前に性交をして精子を待機させておくことが妊娠成立の確率を上げます。
排卵の時期を事前に知ることができる排卵検査薬は、妊娠を希望するカップルにとってとても頼りになるツールです。

 

排卵検査薬の使い方ですが、排卵予定日の数日前から使い始めます。排卵予定日は、次回の生理予定日の14日前です。生理周期が28日の人なら生理開始日から10日目前後に使い始めると良いでしょう。
検査方法は尿に検査スティックを浸します。直接尿をかけることができるタイプのものもありますが、紙コップに採尿して浸すと確実です。
陽性が出るまで毎日検査します。なお、排卵検査薬の場合妊娠検査薬とは違い、薄い反応は陰性です。基準線より濃いものだけを陽性と判断してください。
陽性が出たらその日のうちにタイミングを取り(性交し)ます。製品によりますが、排卵検査薬の陽性から12〜48時間以内に排卵が起こるとされていて、一方精子の寿命は2〜3日程度ありますので陽性を見てすぐにタイミングを取ればちょうど精子を待機状態にすることができるからです。
念のため2日後くらいにもう一度タイミングが取れれば安心ですが、陽性直後のタイミングだけでも問題ありません。後はタイミングを取ってから3週間後に妊娠検査薬を使ってみましょう(生理予定日から検査できる妊娠検査薬では2週間後に)。

 

通販のデジタル排卵検査薬は高性能

 

妊娠を希望している方には、排卵日の兆候を調べることができる、デジタル排卵検査薬のご購入がおススメです。
デジタル排卵検査薬の使い方は簡単で、テストスティックに尿をかける、もしくは尿に浸して使います。
従来のアナログ式の検査薬とは違い、正確な判定結果を得ることができます。
黄体形成ホルモン(LH)は、脳下垂体から分泌され、卵巣を刺激するホルモンですが、常に尿から検出されます。
排卵直前になると、尿中の黄体形成ホルモンの分泌量が一気に増えます。
このことを利用して、デジタル排卵検査薬を使って排卵日を予測することができます。
毎日一定の時間に検査をして、黄体形成ホルモンの濃度のピーク(LHサージ)をチェックします。
一般的には、このLHサージが確認できてから24~48時間以内に排卵が起こるとされているので、排卵日が予測できるというわけです。
排卵日の前後が最も妊娠しやすいと言われており、スムーズな妊娠に繋がりやすくなります。
この検査薬、ある程度続けて使う必要があるので、少しでもお得な価格で購入したいものです。
通販では、この便利な排卵検査薬をお得な価格でインターネットで購入することができます。
特に、妊娠は非常にプライベートなことなので、薬局での購入にためらいを感じてしまう方には、とても便利です。

 

 

通販の便利な排卵検査薬について

 

妊娠を待ち望む人にとって便利な排卵検査薬。
一般的な検査薬は、尿の中に含まれる黄体化ホルモンの量を測定し、そこから排卵の予定日を割り出します。
検査薬は妊娠検査薬のような、スティックに小窓の付いた形になっているものが大半です。
この便利な排卵検査薬に、デジタルのものがあるということをご存知でしょうか?
通販で取り扱っている排卵検査薬は、デジタル表示で大変使いやすいです。
また、尿の中の黄体化ホルモンだけでなく、エストロゲンの量も測定します。
一般的な排卵検査薬では、妊娠しやすい候補日を2日しか特定することができません。しかし、通販のデジタル検査薬では、候補となる日を4日も特定することができるのです。
候補日が増えると、気持ちにも余裕がでるので、より妊娠の確率も上がりそうですよね。
通販で取り扱っている排卵検査薬は、大手メーカーのものではありません。しかし、性能は大手メーカーのものに引けを取りません。大手メーカーのものでないので、安い価格で購入することができます。
妊娠するまでには根気よく何度もトライしなければならないこともあるでしょう。そのために、検査薬は出来るだけ価格が手頃なものを使うようにした方が家計にも優しいですよね。

2016/09/18 16:32:18 |
妊娠線って妊娠線って何だか知ってる?妊娠したらどんな人でもできちゃう線だと思ってたりしない?妊娠線っていうのは、お腹の赤ちゃんが大きくなってきて、それとともに従来のお腹の皮膚がついていけなくなって、真皮が避けちゃうことでできてしまう線のこと。確かに妊娠線ができたことがある女性はわかると思うけど、地割れみたいな亀裂の線のような感じだよね。妊娠5か月以降の、赤ちゃんがどんどん大きくなってくる時期から要注意だよ。お腹の真ん中の妊娠線妊娠線の中で、正中線っていうのがあるって知ってる?正中線ができたことがある人だったら、あれか!ってわかると思う。正中線っていうのは、お腹のど真ん中に縦一本にできる妊娠線。...
2016/09/18 16:32:18 |
2人揃ってブライダルチェックで妊活開始?今、結婚前に婦人科でブライダルチェックする女性が増えてるって聞く。ところが、このブライダルチェック、女性だけじゃなくて、男性の検査も可能らしい。不妊の原因って、実は男性側にあることも多いって聞くし、確かに男性の検査も大事だよね。ちなみに男性のブライダルチェックは、女性と同じく採血による感染症の検査に加えて、オプションに精液の検査もあるらしい。オプションの部分が一番大事な気もするけど(笑)。オプションじゃなくて検査必須のクリニックもあるだろうね。ブライダルチェックで妊活早まる?ブライダルチェックって聞いたことある?何のチェックかというと、婦人科の検査。基本...
2016/09/18 16:31:18 |
妊活アプリコウノトリで産み分け!?妊活アプリで人気なのは、「コウノトリ」というアプリらしい。この妊活アプリのすごいところは、なんと男の子と女の子の生み分け予想までしてくれるみたい。妊活カレンダーを見ていると、男の子を妊娠しやすい期間と、女の子を妊娠しやすい期間が表示されるらしい。不妊症の人には、妊活アプリは勿論おすすめだけど、これから妊活を始めようっていう、まだまだ不妊症ではない女性にもおすすめ。産み分けって案外ニーズ高いよね。妊活アプリのナンバー1? ペアリズムWグーグルで「にんかつアプリ 無料」で調べてみたら、一番上に出てきたのが、「ペアリズムW」。グーグルの検索結果で1位ってことは、多分...